英語ができると年収が上がるというのは正しい?

 

英語ができるようになると年収が上がる。こういうことを主張する人が多くいます。
英語はスキルの一つで大きく評価されていますし、みんな学生時代に必死に勉強するもの。自由に話すことができれば年収が上がるような気はしますよね。

 

ただ、英語はあくまでツールで英語ができるようになるだけでは年収は上がらないということを主張する人もいます。これも一理ある話です。英語ができる人全員がお金持ちかというとそんなことはありません。

 

それでは今から日本人は英語を勉強した方がいいのか?英語を勉強しておけば年収アップに役立つのか。
このことについて考えてみたいと思います。

 

 

学生時代に英語ができることは相当有利である

 

社会人ではなく学生時代に英語ができるようになるということは、意味合いがまた異なり大きく有利になる面があります。

 

学生のときの授業でもっとも重要視されるのが英語であるという事実は何十年も変わっていません。今後も英語の重要性が下がるということは考えにくいでしょう。数学的思考が要求されるということで、数学知識をより求める動きは起こってきてはいますが、一部のレベルの高い世界であり、学生全般に関しては英語が最重要ということは代わりはありません。

 

英語ができるということは、主要教科が高い成績が出せるということ。成績が優秀になれば学校内での評価も高まって過ごしやすいというところもあるでしょうし、進路に関しても良い道に進める可能性が高くなります。

 

極端な話、英語が完全にネイティブレベルで理解できればそれだけで入学できる大学はたくさんあります。またそうでなくても、英語が完璧であれば他の科目が劣っていてもその分を補うことができるでしょう。

 

英語ができることによってハイレベルの大学に入学することができれば、その後の就職先も良いところが見込めるということで英語の年収アップというのは強い相関性が出てくるでしょう。

 

 

就職時でも英語は有利に働く

 

 

英語は就職活動をするときにでも有利に働きます。今の時代グローバル企業が増えていますし、そうした企業は英語ができる人を望みます。

 

別に英語ができていればそれでいいわけではありませんし、そのとき出来ていなくても入社してから英語ができるようになればいいのですが、学生時代から英語ができるということは英語を身につける努力ができる人ということで努力家の証明にもなるわけです。英語を頑張って身につけることができた人であれば仕事についても頑張ってくれる可能性が高いという期待が出てきます。

 

他の人よりもちょっとTOEIC点数が高い程度ではあくまで参考レベルにしかなりませんが、そうではなく問題なく会話ができる、圧倒的なレベルとなってくるとそれは差別化へと繋がります。

 

また苦労して英語を身につけたのではなく、帰国子女等で自然と英語が身についたという場合であってもそれは十分に価値があります。日本で帰国子女の価値は高く、他社と異なる経験を持っている、海外での議論やコミュニティに慣れているということの意味は大きいのです。

 

他にも英語ができなければ就職が厳しい業界というのもあります。商社で海外勤務が多いところもありますし、外資系に関しては英語ができなければ話にならないというところもあります。全体として英語を求める職場というのはレベルも高く、給料も高くなっているのです。

 

 

大人の英語は有効活用できるかを考えなければいけない

 

英語を勉強すると年収アップといってもすでに働いている大人の場合は英語を活用できる場を考えていかなければいけません。

 

国内の企業で海外と取引が一切ない、または頑張ってもその部署には異動できないという環境で英語を勉強したからといって年収が上がるということはないでしょう。

 

また、転職の場においても英語が話せることによって転職できる企業の幅や部署は広がりますが、年齢が上がれば上がるほど英語ができるだけではなく仕事のスキルを求められるためただ英語が話せるだけでは上手くはいかなくなってきます。

 

英語はあくまでツールであって、英語が話せればいいわけではないという主張が出てくるのはこのためです。TOEICスコアだけが高くても英語でコミュニケーションができなければいけませんし、コミュニケーションができても仕事上の成果が上げられなくては仕方がありません。

 

もともと能力の低い人がただ英語だけを頑張っても、年収を上げにくくなってしまいます。
業界違いの人であったり、主婦の人が英語を話せるようになったからといっていきなり高年収になるのは難しいでしょう。

 

社会人になってからは年収を上げるには戦略を考えて動かなければならず年齢によってはそう単純に年収アップとはなりません。

 

ただそれでも英語を話せる人と話せない人のどちらがいいかとなると当然前者となりますし勉強して損はないものになります。

 

 

錯覚資産としての意味合いは大きい

 

英語スキルに関しては日本国内では錯覚資産としての意味合いはかなり大きいのではないかと思われます。

 

英語を苦手としている人がかなり多い環境になりますし、自由に英語を話せるだけでなんだかその人は凄い人に見えてしまいます。

 

これはかなりのポイントで、仕事ができそうになるというのは本人にとってメリットがあります。仕事ができそうだから面接に合格しやすい、良い仕事が与えられやすい、まわりからの評価が高くなりやすいということです。本当の実力は置いておいてもチャンスがやってきやすいところがあります。

 

英語を話せる=レベルの高いビジネスマンというイメージが残っているため、本当はそこまでの実力ではなくても自分を大きく見せることができる、そう見えるからこそ良いチャンスがやってくるという好循環が起こるのです。

 

 

純粋に自分自信を成長させるにも英語は良い

 

直接的な年収アップでなくても純粋に自分自信を成長させていくにも英語を学ぶというのは良いものです。

 

英語を学ぶことによって今までと異なる価値観に気づいたり、学ぶ過程でさまざまな知識を得ることができます。また実際に英語を話せることになれば海外文献を読むこともできたり、教養の幅も広がってきます。

 

英語を勉強することを趣味として、深い知識を身につけていけば、日常面でも役に立つときが出てくるかもしれません。海外旅行でも使えますし仕事でも使える。そのような余裕と仕事以外の知識を持つことが自分自身を魅力的にしていき、自己啓発として良い効果を与えてくれる効果が出てきます。

 

英語で無くても大人になっても何かを勉強する姿勢というのは大切なものです。自分自身を磨き続けていけば仕事面にも良い影響をもたらしてくれる可能性が出てきます。

 

すぐの年収アップでなくても長期的に見て英語を勉強するというのはとても魅力があることであると言えるでしょう。

 


このページの先頭へ戻る