30歳で1,000万円を稼げる業界に就職するということ

 

30歳で年収1,000万円を稼ぎたい。
そんな言葉はよく聞きます。

 

なぜ1,000万円であるのかということはありますが、なんとなく30歳というキリのいい時期、1,000万円という言葉が一般のサラリーマンとは異なった高い年収、だけども何億円等のように絶対不可能なレベルで無く手が届きそうというようなところから出てくるのでしょう。

 

理想の結婚相手というのでも1,000万円を出す人もいるようです。

 

実際に30歳の時点で年収1,000万円を稼ぐというのはどのくらい現実的なものになるのでしょうか?

 

 

 

年収1,000万円を稼げる業界はどこ?

 

年収1,000万円を稼げる業界ですが、何歳でもよくて最終的に1,000万円を稼ぐということであれば広い業界でそれは達成可能です。

 

中小企業では厳しいところも多いですが、大手企業の管理職になれば、1,000万円を超えるというところはそれなりにあります。公表されている平均年収が1,000万円に届いていなかったとしても、あくまで平均ですので、上回る成果を上げていれば十分に届くというケース、または若い人が多く、平均を下げているだけで働き続ければ1,000万円に到達するというようなケースは多くあります。

 

ただし、30歳時点となるとかなり難しくなります。「30代」であれば30代半ばから出世して管理職になり、給料が一気に上昇するケースは多いですが、30歳ジャストというところではなかなかその年齢で管理職クラスに上がるということはなく、まだ若手の部類に入り、給料がそこまで上がり切らない会社が多いでしょう。

 

30歳で年収1,000万円を狙える業種として「外銀、歩合営業、コンサル、マスコミ、商社くらい?」なんてコメントされているものも見つけました。

 

確かに近い感じはあります。これにプラス金融がどうかというところですが、30歳ジャストではやや厳しく、やはり基本は外資(コンサル含む)、マスコミ、商社になるのでしょう。

 

歩合制営業はまた全く別の次元の話で、これは年齢等は一切関係なく売れるか売れないかの世界になりますので、一般的な就職で何歳で〜という話とは違ってくるものになります。若くても1,000万円もあれば、いくら歳をとっても売れなければ安い給料どころかクビになってしまうリスクも背負います。

 

そう考えると30歳1,000万円というのは普通のサラリーマンでは難しいレベルだということです。

 

 

新卒で該当業種に就職できる確率

 

30歳年収1,000万円を目指せる会社に入社できる確率はどのくらいなのでしょうか。
外資系・マスコミ・商社ということになると、実はかなり採用人数が限られてしまいます。

 

外資系といっても、すべての外資ではなく、1,000万円を目指すのであれば金融関係。そうすると採用人数はせいぜい500人程度です。

 

マスコミも採用人数が少なくおそらく500人程度は変わらず。
総合商社は6大商社レベルで、700人程度でしょう。

 

あくまでざっくり計算ですが、これらの企業の採用人数でいくと1,700人。毎年ブレがあるとしても2,000人程度が限界ということです。他にも業界トップの一部企業や特別な待遇を出す企業がまばらに存在するとしても、せいぜい3,000人程度が限界ではないでしょうか。

 

同年代の人数を考えるとその年代にもよりますが100〜150万人程度かと思われます。
そうすると、0.2%〜0.3%の人しか該当の職種に就職することはできません。

 

現実的にはかなり厳しく、大学受験でいえば東大に合格すると同じくらいの確率でしかないことになりますね。

 

 

婚活で年収1,000万円を求めるのは危険

 

もし婚活をして1,000万円の男性を求めているのであれば、年齢の問題が出てきます。
若くて、30歳以下で1,000万円のサラリーマンを求めているというのはかなり無謀なことであるということは認識した方がいいです。

 

0.3%でも存在しているということは事実ですが、本当にその人達に自分はふさわしいのか、その人達は他の条件も含めて合っているのかというところを見ると、なかなか合わなくなってくるのではないでしょうか。

 

1,000万円を稼いでいてもその人達の性格が良い保証は何もありませんし、希少性が高くなればなるほど相手側が極端に有利になっていきます。相手側が選び放題の状態に無理に行くというのは分が悪くなりがちですし、年収1,000万円の条件というのは限定しすぎる良くない条件であると考えます。

 

30歳時点で1,000万円に達していなくても後から伸びてくる人もいくらでもいますし、大前提として、年収で決めるというのは、その年収が維持できないリスクや、他の性格面での一致等後々トラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

 

 

30歳ではなく、その後のプランも考えて決める

 

話を自分が狙う場合に戻します。30歳1,000万円を狙うとどうしても企業の幅が狭くなってしまうということがあります。

 

年収は高い方が良いに決まっていますが、本当にそれらの会社の仕事が合っているとは限りません。それだけの年収を出すというのは必然的に業務もレベルの高いものが要求され、人によっては疲弊してしまい、脱落してしまうということも起こります。

 

あまりに年収にとらわれすぎると、本当に自分の適性にあった仕事を逃してしまう可能性があります。ある程度の高年収を狙うとしても、30歳でなく30代であってもいいはずです。

 

長期的なプランを見て考えていかなければ、結局無理なことは続きませんし、自分のやりたいことをやっていた方が成功の確率も高まってくるものです。

 

 

本当にお金を稼ぎたいなら副業や起業の道も

 

もし、本当に稼いで高年収を得たいということであれば必ずしもハードな就職の道を選ばなくても副業であったり、起業をするという方法もあります。

 

会社の中にいる以上、その会社の規程内でしか給料をもらうことはできません。副業で上手く能力を活かせるものをして、会社とは別で多くのお金を稼いだり、将来的に起業したり、そうでなくても特定のスキルを積んで会社を渡り歩くことができるような立場になれば、一般的な給料レベルを超えた収入を得ることができるかもしれません。

 

どうしても会社で昇進をしていつまでに何万円をというのはコントロールできない部分や自分の実力不足だけではない運やそのときの情勢というものが影響してきてしまいます。

 

年収にこだわって働くということも全員におすすめする働き方というわけではありませんが、稼ぎたいのであれば副業や起業等も含めて考えてみるというのもいいかもしれません。

 


このページの先頭へ戻る